タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

タイでお守りを象ったデザート新発売!→即、販売停止

タイでお守りを象ったデザート新発売!→即、販売停止

タイは料理だけではなく、デザートも色んな種類がありますよね。今、世間で物議を醸しているデザートがあります。それは・・・。

*人々が崇拝する仏教のお守り

仏教国のタイでは、仏陀や高僧を象ったお守りであるプラクルアンが人々の間で敬われています。高僧が念を入れた物は特に価値があり、日本円で数百万で取り引きされる事もあります。専門雑誌が出版されていたり、街中でルーペを付けて真剣にお守りを観察している人々を見たりします。ニュースでも「このプラクルアンを身に着けていたから自動車事故で命を助かった!」と言う人を報道したりしています。

*お守りをデザートにして新発売

タイ中部のサムットソンクラーム県。バンコクから南西に約70キロに位置していて、ペッチャブリー県、ラーチャブリー県、サムットサーコーン県と県境を接しています。タイ湾に面するメークローン川の河口があり、昔から水運の要所として栄えていました。観光名所としてアンパワー水上市場や鉄道市場が有名な他、綺麗な水を生かした蛍鑑賞ツアーも人気があります。

このサムットソンクラーム県に、プラクルアンを象ったデザートを作ってしまった店があります。名前は「マダム・チュープ」。伝統のデザートの1つであるアウルア(ah lua)を基にした物で、ココナッツミルクと小麦粉が材料です。

デザートの価格は20個入りが100バーツ(約345円)。お店での製造リミットが1日50箱である事から、全て予約生産制で、顧客1組につき5組の限定販売という事でした。

*フェイスブックの投稿からTVニュースに

「マダム・チュープ」が店のフェイスブックページに、この新製品の写真を発表した所、何とこれまでに9,000以上のコメントが寄せられ、1万9、000回以上もシェアされる事になりました。

コメントでは「このデザート、食べる前にお祈りしないといけないのかなあ?」という軽い感じの物がある一方で、厳しく批判をする人もいます。

「プラクルアンは聖なる物だ。仏教徒としてこれは正しい事とは思えない。例えば貴方が両親を敬っていたとして、彼らを象ったデザートを作って人々に食べさせるだろうか?」とあるフェイスブック・ユーザーは書いています。

そして、ついにTVニュースにまでなってしまいました。またタイ仏教協会のトップは「このデザートは不適当だ」と公式発表。

これらの騒動を受けて、お店は今回のデザートの販売を停止しました。

ちょっと食べてみたかったですね・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top