タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイのタクシー運転手は眠くなったら乗客に運転を代わって貰う!?

タイのタクシー運転手は眠くなったら乗客に運転を代わって貰う!?

ある日、バンコク市内でSantiphap Khunchanmeeさんはタクシーに乗っていました。

「あ~、もうダメだ!」

突然、タクシーの運転手が叫びました。

「眠すぎて、もう無理だ!あそこに停めて少しだけ眠らせてくれないか?」

「じゃあ、僕が代わりに運転しようか?」

「え、本当!それを待ってたんだよ~」

運転手は嬉しそうに言うと、いそいそと助手席に移り、居眠りを始めました。

せかっくの機会だとSantiphapさんは思い、眠っている運転手を横にしてたくさん自撮りをしました。

そして、それを「新しいタクシーの乗り方」というタイトルと共にフェイスブックにアップしました。この投稿は1万8千の「いいね」を獲得し、約5,500もシェアされています。

目的地に着くと運転手は普通にメーター分の300バーツ=約1,020円を要求してきました。

運転手も運転手ですが、親切心とはいえ、タクシーの運転を個人がして良いのでしょうか?日本だったら罰金とか取られそうですよね。

そして!今回の投稿を見た人が「俺も同じ経験があるぜ!」と写真をアップしたのです。

眠くなったら運転を代わって貰うというのは、タイのタクシー運転手にとって当たり前の事なのでしょうか・・・。

タイのタクシーの悪評は有名です。タイへの入り口である空港から乗る場合もトラブルが絶えません。先日も、ある女性が空港からタクシーに乗ると運転手がメーターを使う事を拒否、バンコク市内まで500バーツ=約1700円を要求。女性が拒否したところ、運転手は相手を高速道路入口で降ろしてしまったという事件をお伝えしました。ちゃんとしたタクシー乗り場から乗り、50バーツ=約170円の空港からのタクシー代も払っているのにもかかわらずです!

楽しいタイなのに、渋滞とタクシーだけが本当にネックだと思います。

Source:Facebook/ Santiphap Khunchanmeeいつも当サイトをご愛読頂きありがとうございます!今、ブログ村でのランキングのアップを目標にしています。恐れ入りますが、画面の左の「このブログに投票」を押していただけますでしょうか?ご協力ありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top