タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

タイの塾オーナーが生徒に猥褻行為&リモート授業で苦労

タイの塾オーナーが生徒に猥褻行為&リモート授業で苦労

タイの教育関連のニュースを2つお届けします。

*教え子に性的行為で塾オーナー逮捕

タイ中部のチョンブリ県にあるバンセーン地区。同じ県にあるパタヤが外国人に人気のあるビーチなのに比べ、ここにあるバンセーン・ビーチは地元タイ人にとても人気があります。

そのバンセーン地区にある塾の59歳のオーナーが逮捕されました。罪状は塾に通う15歳の女子生徒に性的いたずらをした事です。

警察が押収した動画には、塾オーナーが生徒の胸に触ったり、スカートの下に手を入れている生々しい場面が記録されていました。この動画は生徒の顔にモザイクをかれて地元メディアでも放送されました。

タドサックとのみ名前が明かされている男は、罪状を認めていると警察は発表しています。塾の名前は捜査が進行中なので明かされていませんが、地元の人たちによると10年以上学校は営業を続けていたそうです。

*リモート授業のせいで屋外で勉強

タイ南部のプラチュワップキリカン県にあるホアヒン。タイランド湾に面したビーチリゾートがあり、タイ王室の保養地として有名ですね。パタヤと比べると、落ち着きがある場所なのでファミリーでの滞在先として最適です。インターコンチネンタルなどの高級ホテルがビーチ沿いにずらっと並んでいます。そのビーチで毎朝お坊さんへの寄進が出来ます。

そのホアヒンの山間部の田舎に住む女生徒が、コロナの影響で学校が閉鎖されてリモート授業を行っている事で大変な苦労をしています。

シリラック・リットブアちゃん=通称ヴューちゃん(18歳)は、平日毎日、インターネットでの授業を受けるため、家から出て、ジャングルの真ん中にある平地に用意した机へとやって来ます。街から離れていて通信状況が悪く、そこでないとインターネットが繋がらないのです。木など遮るものがないのでネットが何とか繋がるものの、反対に、直射日光を遮るものがありません。そのため、ヴューちゃんは授業を受けながら、持参した傘を自分の頭の上にさしています。

この最悪な勉強環境がソーシャルメディアを通じて伝わると、ヴューちゃんを助けようとする人々が動き始めました。

まず、バンコク病院ホアヒン支局の人々が簡易テントを持参。ヴューちゃんが勉強をしている場所へ設置してくれました。これで傘をずっとさしていなくても済むようになりました。

そして、TOT(タイ国営電気通信会社)が近くの丘に6メートルのアンテナを設置してインターネットが以前より遥かに良くなりました。

結果オーライで終わったものの、リモート授業に関して、最初から学校側にもっと配慮があれば良かったのではという気もします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top