タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

タイ北部の家の床下で発見された驚きの物とは!?

タイ北部の家の床下で発見された驚きの物とは!?

ある「とんでもない物」が、あなたの家の床下から出てきたらどう思いますか?恐怖におびえる?それとも、幸運の兆しと考える?

タイの地元メディアで伝えられた面白いニュースです。

*8~9メートルのニシキヘビの抜け殻

タイの北部に位置するピサヌローク県。周りをルーイ県、ペッチャブーン県、ピチット県、カムペーンペット県、スコータイ県、ウッタラディット県に囲まれています。またラオスと国境を接している場所もあります。ピサヌロークという県名は「

ピサヌ神の世界」という意味で、スコタイ王朝時代から栄えている歴史ある地です。観光名所として、国内で一番美しいと評判の仏像があるワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタート寺院が有名です。

このピサヌローク県にある村から、救急隊に通報がありました。住民の一人の家の裏でニシキヘビの抜け殻が見つかったというのです。

救急隊はヘビ捕獲のベテランチームを111/20番地にあるこの家に派遣しました(番地を覚えておいて下さい)。

そして付近を捜索した所、3か所で抜け殻を大量に発見しました。抜け殻をチェックすると、その体長は8~9メートルにもなると見られます。

*床下で発見された物とは!?

さらに捜索を続けている内、石膏で出来た床の下が怪しいという事になりました。暗く静かでヘビが潜むのに最適の場所です。救急隊は住人の許可を得て、

床の一部を壊しました。

救急隊の予感は当たりました。そこに、45個のニシキヘビの空のタマゴを発見しました。

残念ながらニシキヘビその物は1匹も見当たらず、孵化した後、家の裏のジャングルに引っ越したと思われます。

*宝くじに当選の予感!?

地元メディアに対し、住人は「これは幸運の印です!ちょうど公営の宝くじの当選番号発表日直前ですから、今回の一件にちなんだ数字を選ぼうと思っています。きっと当たるでしょう!」と笑顔で語っています。

住人の考えたラッキーナンバーとは111、20(番地にちなんで)、45(タマゴの数)、89(ニシキヘビの長さ)だそうです。

結果がどうなるか知りたいですね!

*雨季で大蛇出現率が高く

タイでは、今の時期(雨季)になると、大都会のバンコクでも大きなヘビがよく目撃されます。雨で下水が冠水し、それと共に地上へ出て来るのです。

以前、バンコクのど真ん中のスクンビット地区のソイ24(エンポリアムなどがある日本人お馴染みのエリア)である女性の車のボンネットに出現したニュースもお伝えしました。

また7-11の店舗に涼みに入ってきた大蛇もいました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top