タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコクのルンピニ公園の大トカゲが多過ぎる?

バンコクのルンピニ公園の大トカゲが多過ぎる?

バンコク都庁と国立公園局の間での議論に決着をつけるため、ルンピニ公園に生息する大トカゲの数をボランティアの助けを借りて調査を開始する計画が進んでいます。

バンコク都庁が同公園には400匹もの大トカゲがいて数が多すぎるので、国立公園局にその一部をどこかへ移すように要請。しかし同局は都庁の大トカゲの数は信頼できないので、大人数でのちゃんとした調査が必要だと主張しているのです。

「都庁は大トカゲの数を調べるため、職員が公園内を歩き回って記録をつけていったと言っています。しかし、この方法では不正確なデータしか出ません。職員が一つの場所から移動する間に大トカゲも移動し重複して数える事になった可能性が高いのです」と国立公園局側は説明します。

国立公園局の調査では僅か約160匹にとどまっているそうです。

調査の日程は決まっていませんが、地元のタイの人だけではなく、外国人居住者や観光客にも参加して貰っての大きなイベントになるという事です。

「ですが、もし都庁が主張するように数が多かったとして、大トカゲの一部を移動させたとしても問題の解決にはなりません。公園内には彼らの食料がたくさんあり、また数が増えるだけです。卵を保護して他に持っていく方がより効果的なはずです」

そして、もう一つ大トカゲ絡みのニュースが報道されています。

スパンブリ県のレストランに2メートルもの大トカゲが現れ、食事中の客たちがパニックになりました。

レストランのオーナーはレスキューチームを呼び、ちょっとした小競り合い(隊員が尻尾で叩かれたり)の後、大トカゲは無事に保護されました。

レストランのオーナーは、今回の事件を「私のビジネスが成功し始めるお告げだ」と喜んでいます。

タイでは大トカゲがお金をもたらす幸運の動物をして信じられているからです。

Source:The Thaiger,Sanookいつも当サイトをご愛読頂きありがとうございます!今、ブログ村でのランキングのアップを目標にしています。恐れ入りますが、画面の左の「このブログに投票」を押していただけますでしょうか?ご協力ありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top