タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

怪しすぎる寿司店をバンコクで発見!その名はSHINKANZEN(新幹+禅)!

怪しすぎる寿司店をバンコクで発見!その名はSHINKANZEN(新幹+禅)!

怪しい寿司店を見つけました。その名は「SHINKANZEN」。新幹線の「線」の部分とZEN(禅)をかけたダシャレでしょう。日本人には思いつかないヤバイ店名です。

お店があるのはBTS(高架鉄道)の戦勝記念塔駅近くにあるセンチュリー・ムービー・プラザ。チェーン店のようで、後でインターネットを調べたら、他にもサイアムスクエアとチャトチャットに支店がありました。みんなタイの若者が集まる場所ですね。

回転寿司ではなく、一貫ごとに買えるシステムになっています。値段は9バーツ(約30円)~25バーツ(約80円)。握りと巻物で約60種類が揃っています。

他に、お握りやサーモン刺身、シーフードサラダなどが。

6貫を選んで、〆て81バーツ(約280円)。高いのか、安いのか?

この右から二番目のネタ、何だかお分かりでしょうか?そう、あの懐かしいタコサさんウインナーです!まさか寿司ネタとして再会しようとは夢にも思いませんでした。

そして、これ!稲荷寿司なんですが、中にサーモンとマヨ、トビコを合えた物が入っています。

さらに、サバ照り焼きがのった一貫!しめ鯖なら分かりますが・・・。

これらのタイ式ビックリ寿司、共通しているのは味がすごく濃いこと。ソースとかマヨネーズをこれでもかと使っています。それぞれをオカズにして白米が食えるくらいです。

そして、タイ人が愛する寿司ネタナンバー1のサーモン。サーモン自体は厚切りで満足度が高かったです。ただ、やはり握りがすごく固いです・・・。

ご存じのようにタイでは日本食が大ブーム。JETRO(日本貿易振興会)の調査によると、バンコクだけで約2,000店。その内の多くで寿司が提供されています。

他にも怪しい寿司店が色々ありそうです・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top